コープランド / クラリネット協奏曲

コープランドはこの曲を作曲する際、このように話しています。
「もしベニーが私に作曲を依頼することがなかったら、私はクラリネット協奏曲を書くことはなかっただろう。」と。
彼はこの曲の作曲をしているとき、ベニー・グッドマンのジャズの録音を持ちながら、南アメリカを旅行していました。なので、この協奏曲にはジャズ、更には南アメリカの民族音楽の要素も使われています。コープランドはジャズの効果を引き出すため、オーケストラを弦、ハープ、ピアノに限定しました。
この協奏曲には2つの版が存在します。それは、まず最初に出来上がった「オリジナル」と、ベニー・グッドマンのために「簡単にしたもの」です。最初に仕上がった楽譜をもらった時に、ベニー・グッドマンはコープランドにテクニック的に難しい場所の変更を依頼します。その時のことをコープランドはこのように振り返っていました。「ベニーは何カ所かの変更を申し入れました。その一つがカデンツァの高音でした。しかし、彼にはこの音が演奏できるはずなんだ。私は彼の録音を聞いて、彼がこの音を演奏しているのを聴いたのだから。」インプロで演奏するものと、計画された楽譜に書かれたものでは、違ったのでしょうか?コープランドは申し入れを受け入れ、彼のために数カ所書き直しています。書き直された楽譜には、しっかりと「ベニー・グッドマンには難しすぎる」と書かれています。
その後も、ベニー・グッドマンはこの曲に苦戦していたようで、もともと予定されていた初演をまだ準備が整っていないと彼は一度断っています。彼が演奏することになったのはその約1年後でした。ベニー・グッドマンはそれでもその後このようにこの曲のことを語っています。「コープランドの指揮のもと、この協奏曲を演奏するのはいつも気分が良い。」と。

この曲はカデンツァをはさみ続けて演奏される2楽章構成です。1楽章はゆっくりなワルツ、2楽章にはアメリカの民族音楽の要素、チャールストン・リズム、ブギウギ、ブラジルの民族音楽など用いられています。

Copland: Klarinettenkonzert

Copland ist während dem Kompositionsprozess des Klarinettenkonzertes durch Südamerika gereist und benutzte nord- und südamerikanischen Volksmusik Elemente. Das Konzert wurde mit einer Jazz-Intention komponiert: «Da die Orchestrierung sich auf Klarinette, Streicher, Harfe und Klavier beschränkt, hatte ich kein großes Schlagzeug zur Verfügung, um Jazz-Effekte zu erzielen. Also verwendete ich ‹slapping basses› und geschlagene Harfenklänge, um diese zu simulieren.» Das Klarinettenkonzert besteht aus zwei Sätzen ohne Unterbruch mit einer langen improvisatorischen dazwischen: der Kadenza. Der erste Satz ist ein langsamer Walzer mit einer sehr ausdrucksvollen und lyrischen Melodie. Direkt danach folgt die Kadenza. Sie entwickelt sich in sehr virtuosen Motiven. Wieder ohne Pause folgt der Finale. In diesem Satz benutzte Copland nord- und südamerikanischer Volksmusik-Elemente: Charleston Rhythmus, Boogie-Woogie und brasilianische Volksmusik. Als Goodman zum ersten Mal die Noten sah, musste er einige Änderungen wegen technischen Schwierigkeiten verlangen. Als Copland für Goodman die Stimme umschrieb, schrieb er auch in der Partitur: “1st version — later revised — of Coda of Clarinet Concerto (too difficult for Benny Goodman)”.

この曲、私は好きな協奏曲の一つなので、ベニー・グッドマンがコープランドに作曲を依頼してくれたことに本当に感謝しています!
ここでは、ベニー・グッドマンがすごくてこずった話題が多かったですが、彼はすごい努力家でした。私自身クラシックしか演奏しないのでよくはわかりませんが、ジャズの奏法とクラシックの奏法は全く別物です。彼はクラシックの作曲を依頼する傍ら、自身もクラシックの奏者に師事し、レッスンを受けしっかりとクラシックの奏法を学んでいました。既存する楽譜だけでなく、新しい曲を依頼し、それを学んで演奏することは非常に難しい。ジャズ奏者としても超一流で、クラシック音楽界のも大きな影響を与えた彼を私は本当に尊敬しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中