Benny Goodman

まずは、私のチューリッヒでのマスタープロジェクトのプログラムノートから。
テーマはジャズクラリネット奏者ベニー・グッドマン。
私がクラリネットが好きになっていくきっかけのひとつでもあります。

ベニー・グッドマン
クラシック音楽における彼の旅

「キング・オブ・スイング」、ベニー・グッドマンは有名なアメリカのジャズクラリネット奏者であり、バンドリーダーです。1938年、彼はニューヨーク・カーネギーホールでジャズのコンサートを開催しました。当時、アメリカではまだ人種差別が色濃く残っていましたが、演奏会ではアフリカ系アメリカ人の奏者もともに演奏し、大きな話題となりました。
ベニー・グッドマンはクラシック音楽界でも重要な存在です。多くの20世紀の作曲家、例えばヒンデミット、ミヨー、アーノルド等は、彼に作品を献呈しました。そしてそれらの作品は今でも私たちクラリネット奏者にとってとても重要なレパートリーです。
彼にとってジャズとクラシックは2つの異なるジャンルではなく、2つの補い合うジャンルでした。
「クラシックでは、音の質、他の楽器、フレーズ、テンポなど、作曲家がどのように作品を作曲したのかを考えて、その音楽の中でベストなものを表現する。それがすべて整って、他の演奏家と同じアイディアを感じることができれば、それはジャズ奏者が「スウィング」と呼ぶものと全く同じなのです。」

Benny Goodman
seine Reise zur klassischen Musikwelt

Der «King of Swing», wie man Benny Goodman auch nannte, war ein sehr berühmter amerikanischer Jazzklarinettist und Bandleader. Im Jahr 1938 gab er sein erstes Jazz-Konzert in der New Yorker Carnegie Hall mit seiner Big Band, dem Benny Goodman Orchestra und anderen berühmten Gastmusikern, darunter auch afroamerikanische Musiker, obwohl in dieser Zeit in den USA Rassismus noch sehr präsent war. Goodman war auch ein sehr wichtiger Klarinettist für die sogenannte «klassische Musik». Viele Komponisten des 20. Jahrhunderts, zum Beispiel Paul Hindemith, Darius Milhaud und Malcom Arnold haben ihm Klarinettenwerke gewidmet und die meisten davon sind heute noch sehr bedeutsam für unser Klarinettenrepertoire. Für den King of Swing waren Jazz und klassische Musik nicht unbedingt zwei verschiedene, sondern eher zwei komplementäre Genres.
«Im Jazz schätze ich das Gefühl der Freiheit, die Möglichkeit, einen Chorus bei entsprechendem Empfinden in den unteren Registern oder in hohen Lagen zu spielen. Auf anderen Gebieten der Musik aber geht es darum, sich an dem zu messen, was sich ein grossartiger Komponist ausgedacht hat, um die tadellose Tonqualität, die Übereinstimmung mit den anderen Instrumenten, das Phrasieren, um den Versuch, genau jenes Tempo auszuschlagen, in welchem die Musik am besten klingt. Wenn alles klappt und alle Musiker die gleiche Grundidee im Hintergrunde dessen spüren, was sie spielen – dann ist es genau das, was die Jazzmusiker mit dem Ausdruck «Swing» meinen.»

次回は、その時に演奏した曲のプログラムノートを紹介しようと思います。
日本語で書くのは思ったよりも難しいですね。

杏里

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中