EPICA

Duo DANKとしての活動を始めて早4年。チューリッヒでDianaと出会い、いろんな曲を試して、コンクールにも挑戦して、コンサートもして…。本当に「挑戦する」ことに楽しさと面白さを共有できるパートナーに出会えてこんなにも嬉しいことはありません。 今回のプロジェクトは、ニコライ・メットナー作曲ヴァイオリンソナタ第三番「エピカ」に挑戦します。(曲については後日またじっくり調べてから書こうと思います。)この曲、なんと…45分以上かかります。クラリネット奏者としては、かなり未知の世界です。体力・集中力、持つんだろうか?リードは果たして無事なんだろうか…。 クラリネットが入っている曲で、もちろん45分くらいの曲もありますが、ソナタで、休みがほとんどないっていうのは見たことがありません…。それでも、この曲に挑戦したかった理由は… この曲に惚れてしまいました。 本当にかっこいいし、面白い。吹けば吹くほど難しいし、ピアノとの掛け合いが楽しくなってきます。 この曲、最初に提案されたときは、「いやー…無理でしょう…」ってはっきり言って思いました。でも、とりあえずやってみようと楽譜をいざ読み始めると、一気に虜になりました。譜読み自体に数カ月かかり、こんなに時間がかかった譜読みははっきり言って初めてでした。それでも、最後まで粘って、やっと演奏会を企画して、お披露目まであと1か月半です。 ただ、まだ演奏会への期待よりも不安のほうが強いというのが正直な気持ちです。 あと1ヵ月半、できるだけのことをして、この大きな挑戦を大いに楽しみたいと思います。 まずはバーゼル。どうぞよろしくお願いします。 杏里

Sommerkonzerte 2022

木管五重奏≪Toniro≫が今夏、5回演奏会をします。 5月22日のバーゼルから始まり、7月22日のポスキアーヴォまで盛りだくさん。プログラムも大半ははじめての曲。とはいえ、まだ活動し始めて2年目のアンサンブル。これを機にどんどん精力的に活動できますように。 そして、Toniroのホームページに日本語も追加されました。Toniro 日本語よろしくお願いいたします。 杏里

Tōniro Quintett

2020年結成の Tōniro Quintett 。2019年暮れから「一緒にアンサンブルをしよう!」と主にフリーランスで活動している演奏家に声をかけて始まりました。2020年年始、コロナウィルスの流行がヨーロッパに来る少し前に初合わせ。その直後、ヨーロッパ全域がロックダウンに陥り、メンバーはスイスだけでなく隣国のフランス・ドイツに住んでいたので国境を渡れないし、外出自粛。管楽器の演奏もどのように感染に影響するかもわからず、すぐに活動はできなくなりました。 それでも、ずっと連絡を取り合い、夏が近づいて感染状況が落ち着き、練習場所も幸運なことに大きな部屋を借りれ、練習を続けてきました。 今、また感染が拡大しつつあるヨーロッパでどうなるかはわかりませんが、やっと演奏の場を持てそうな Tōniro Quintett 。私にとってこのコロナウイルスが流行している中でほとんど唯一といっていいほどの希望がこのアンサンブルでした。これからたくさんいろいろな場所で経験を積み、活動を発展させていきたいと思っております。 今はレパートリーを増やすこと、色々なジャンルの曲に挑戦しています。そして、その中からコンサートプログラムを組んでいく。私たちにしか出せない色がどんなものなのか、まだ絶賛探索中です。 どうぞ、これからの私たちをお楽しみに!! Web:https://www.toniro.ch/

ホームコンサート vol.2

FacebookとTwitterを一時休憩することにしたので、しばらくこのブログでも少し活動報告を書いていくことにしました! スイスではCovid-19が猛威を振るっているので、なかなか演奏活動は難しいですが、先週末、我が家に友人家族を招待してちょっとホームコンサートを開催し、夫婦デュオ Duo Kui’plong! での新しいレパートリーを披露しました。 新しい曲はショパン作曲の「幻想即興曲」。マリンバにすごくぴったりな曲。曲についてはまたいろいろと調べてここで紹介したいと思います。 その他には、それぞれのソロ曲とデュオでおなじみになった「熊蜂の飛行」を演奏しました。 自宅でのホームコンサートをするのは2回目。このコロナの状況下じゃなかったら始めなかったと思う企画。だけれど、これは続けていけたらいいな、と!また違った緊張を味わったり、笑いながら曲間を楽しんで…。 今後もちょっとずつデュオのレパートリーを増やしつつ、楽しいホームコンサートをまた企画したいな!と思っております。